HAGIWARA Hiroko 萩原弘子

Honorable professor, Osaka Prefectural University (Art theory, Immigrant culture)

Ph.D (art)

大阪府立大学名誉教授(芸術思想史、移民文化論)、博士(学術) 

“Recollections as a Constant Observer from Another Fallen Empire,” in Mirror Reflecting Darkly (Goldsmiths Press, 2021); “Burnt Dress Left for the Future —Ishiuchi Miyako’s Photographs, ひろしま/hiroshima (2007-present),” in Capture Japan —Visual Culture and the Global Imagination from 1952 to the Present, edited by Marco Bohr (Bloomsbury Academic, 2021) 

主著 

『この胸の嵐―英国ブラック女性アーティストは語る』( 現代企画室、 1990 年);

『美 術史を解きはなつ』、 富山妙子、浜田和子と共著 (時事通信社、 1994 年);

『ブラック―人種 と視線をめぐる闘争』( 毎日新聞社、 2002 年)

『展覧会の政治学と「ブラック·アート」言 説―― 1980 年代英国「ブラック·アート」の研究』( すずさわ書店、 2021 年刊行予定) 


論文 

“Comfort Women, Women of Conformity — Shimada Yoshiko’s Work,” in 

Generations and Geographies , edited by Griselda Pollock (Routledge, 1996), pp. 253 

- 65 


「性、からだ、表現―新しい意味へのフェミニスト的展望」『シリーズ 性を問う 第4巻 表現』(専修大学出版局、1997 年)、pp. 93‐148 


「母なる神―70 年代「女性神アート」のエッセンシャリズム」『現代思想』(1998 年 4月)、  pp. 228 - 40 


“Representation, Distribution, and Formation of Sexuality in the Photography of Araki Nobuyoshi”  Positions 18:11 (Spring 2010), pp. 231-51 


「排除する風景、書き換えられる地図―英国 ブラック女性アーティストの作品に見る場所と空間」『人文学論集』第34集(2016年3月)、pp.1-26 


「富山妙子作品に見る闊達な反ナラティヴ性」『京都精華大学紀要』 54号(2021年2月)、pp. 21-35 ​

萩原さんのポートレート.tif